活動報告

【活動報告】5daysインターンシップ ~we can change!!~

2018/03/26

●5daysインターンシップとは?

 大学生が、5日間で興味のある業種×仕事に取り組み、その適性を実感する短期型のインターンシップ。
 単なる仕事体験ではなく、各プロジェクトには企業に応じた課題が設定されています。課題に対して目的意識を持って挑戦することで自分の思考・行動特性や、仕事への適性(=才能)などに、短期間でも多くの気付きを得られるプログラムになっています。

 今回は、5daysインターンシップに挑戦した、広島修道大学2年生の岡田さんにお話を聞いてみました!

●自己紹介

 広島修道大学 商学部経営学科2年生の岡田 和磨(おかだ かずま)です。

●このインターンに取り組もうと思った理由やきっかけは何ですか?

 目前に迫ってきている就職活動に向けて、社会人としての礼儀作法や現場の雰囲気を知ること、相手に自分の意見を伝える力を育むこと、目上の方々に対するコミュニケーション能力を高めることという3つの目的から、今回のインターンシップに取り組もうと思いました。

●どんなプロジェクトでしたか?

 私たちを受け入れて下さったアクト中食株式会社アクト中食株式会社は、業務用食品の商品管理や、飲食店やホテルなどへの配送を行う、業務用食品卸の会社です。商品を保管している倉庫では、約一万種類を超える商品を管理しています。また、出島や松山など県外にも支部を保有している企業です。

 5日間のインターンシップという短く限られた時間の中で、現場で行われている仕事を実際に体験してきました。
 その中で発見した課題や改善策をまとめ、企業の方々との意見交換を行いました。最後に、企業の方々の前で発表をし、情報のインプットとアウトプットを短期間で行うといったプロジェクトでした。

●どんな研修内容でしたか?

 今回のインターンシップで行ったことは、広島の飲食店に配送する商品が保管されている常温倉庫や冷凍倉庫でのピッキング作業(注文された商品リストを見て商品番号や、数量を確認し配送するための作業)や、商品の搬入作業といった実際に現場で行われていることを体験しました。

 その中で見つけた、学生として/第三者としての視点から、倉庫内や会社内の改善点をリストアップし、社員の方々と意見交換の場で感想や気づきなどの情報の共有を行いました。
 その後、社内報告会に倉庫業務に携わる8名の社員の方に参加していただき、改善点・改善案の発表を行いました。

搬入作業(商品の補充)の様子です。

●どんな成果を出すことができましたか?

 改善点・改善案の発表を通して、「実際に現場に慣れてしまった社員たちからは聞けない意見もあった」と言ってもらうことができました。足場が悪いといった気づきは、倉庫で働く人は気が付きにくいらしく、盲点だからよかったと言ってもらえました。

 また、衛生面で食堂のセルフサービスコーナーの味噌汁の具材が入っている容器に蓋がなく、インフルエンザが流行っている時期にしては不衛生だったことを指摘し、容器をタッパーに変えたら良いといった案を出しました。
 自分たちの出した意見が取り入れてもらえて、企業の成長につながるかもしれない意見を出せました。

ピッキング作業の様子です。

●今回のインターンシップでは、どんな学びやスキルなどを得ることができましたか?

 インターン開始前と比べて、
 ・初対面や目上の方々とのコミュニケーション能力
 ・疑問に思った点があればすぐに確認するといった質問力
 ・自分の考えや意見を相手に伝える力
 ・限られた時間の中での情報収集力
 などが身についたと思います。

 初対面の方々との作業をする中で、世間話など、他愛のない話で少し盛り上がることもできました。
 インターン開始前は人前で発表することはほとんどなく、意見を求められない限りは、自分から話し出さないことが多かったです。上手く考えを伝えることも苦手で、話していることが途中で分からなくなってしまうこともありました。
 しかし、このインターンシップの中で行った意見交換や、発表を通じて少し改善できました。

●今回のインターンシップを通して、今後に活かしたいことなどはありますか?

 今回のインターンシップで身についた、コミュニケーション能力や質問力といった対人能力、自分のことを相手に伝える力を、就職活動の面接などの際に活かしたいと思っています。

●EACHのインターンシップをどんな学生にオススメしたいですか?

 インターンシップが不安で、親身になってくれるコーディネーターや企業の方々の下で、研修を行いたい学生におすすめです!