新着情報

【学生向け】キャリアアップセッション vol.3 ~自分が持つスキル&パーソナリティを今の社会に活かすためには。~

2018/06/07

* キャリアアップセッション vol.3 *

大学生、大学院生限定‼️トークセッション&全員参加型ワークショップ

「自分のスキルやパーソナリティを今の社会で活かすためには⁈」を考え、新たな自分らしいスタートラインを引いてみませんか?

社会で活躍している方々をゲストに迎え、多様な社会で、自分らしさを発揮しながら活動するためのヒントやアドバイスになる話をお聞きします。
それらをもとに、参加者同士の対話形式のワークショップを行うことで新たな気づきを得て、なりたい自分へ進むためのスタートラインを引ける内容となっています。

【日時】6月23日(土)13:30~18:00

【場所】イノベーション・ハブ・ひろしまCamps★アクセスマップ

【参加費】無料!

【プログラム】
●ゲスト2人を迎えてのトークセッション
ゲスト:
◎中本真吾(コミュニティデザイナー、有限会社大蔵笑代表取締役、比治山大学非常勤講師)
◎高尾英里(フリーパーソナリティ、レポーター)
ファシリテーター:
◎木村尚義(Realism代表)
●全員参加でのワークショップ(フィッシュボウルでの対話によるワーク)
●ふりかえり
●交流会(ソフトドリンクとお菓子を用意しております)

【申し込み】
こちらからお申し込みください。

■ゲスト紹介:
【中本真吾】 コミュニケーションデザイナー
漫才師にあこがれ、高校入学と同時にタレント養成学校に入学。
広島でプロ劇団を立ち上げ、「テレビ宣言にゅー」のレポーターや「中町スタイル」「パパは電化シェフ」などメインで出演しながら、番組・CM制作会社を設立。上場企業から中小企業まで数多くのCMを手掛ける。
また、持ち前のコミュニケーション能力を利用した人脈づくりを活かして、コミュニケーションデザイナーと称し、飲食店・タクシー会社などコミュニケーション研修をおこなっている。またFacebookセミナーなども話題になった。広島元気セミナー3年間の講師(72名)の中でもう一度聞きたい講師1位に選ばれる。
経営理念は、『創ることを全力で楽しみ』『笑顔と感動を与え続け』『地域社会の発展に貢献する』も三つで構成されている。
比治山大学 現代文学部 マスコミュニケーション学科 非常勤講師も務めている。

【高尾英里】フリーパーソナリティ、レポーター
府中市出身。
高知女子大学では、言語コミュニケーションを履修し、在学中からイベント司会業を始め、アナウンサーになることを夢見て就職活動をするも見事に全滅……。
それでも夢を諦められず、卒業後はカメラアシスタントとしてテレビ業界で裏方を務めながら経験を積む日々を送る。
2013年から広島のラジオ局RCC中国放送のラジオカーレポーターを務め、2017年春からは活動の拠点を生まれ故郷である備後で増やしている。
現在は司会業、ラジオパーソナリティー、レポーターとして活動しているが、一方で趣味を活かして「タカオエリ」という名前で、絵を描くなどクリエイター活動も行う。
「他人(ひと)の頭の中に絵を描く」をモットーに「喋る」と「描く」の両立を目指す。

【主催】一般社団法人EACH

【企画】Realism

【後援】広島県