平成29年度 企業紹介

株式会社フェニックスバイオ

イメージ

PhoenixBioはグローバルに生命を科学する会社です。
・再生医療の研究成果である「PXBマウス」「PXB-cells」の生産・販売
・PXBマウスを用いた新規医薬品開発の受託試験サービスおよび研究開発

※PXBマウス=肝細胞の70%以上がヒト肝細胞に置き換えられたキメラマウス
 PXB-cells=PXBマウス肝臓から採取したヒト肝細胞の純度が90%以上の新鮮肝細胞

会社概要

理念・ビジョン ・万物に尊厳の念を以って対峙し、生命を科学することで人々の健康増進に貢献する。
・分野のトップランナーを目指すことで、全従業員の物心両面の幸福を追求し同時に人類・社会の進歩発展に寄与する。
代表者 代表取締役社長 藏本 健二
所在地 ・本社
〒739-0046 広島県東広島市鏡山三丁目4番1号
・子会社
Phoenixbio USA Corporation (アメリカ ニューヨーク州)
・子会社
CMHL Consortium LLC(アメリカ デラウェア州)
・子会社
KMT Hepatech,Inc. (カナダ アルバータ州)
ホームページアドレス http://phoenixbio.co.jp
事業内容

広島⼤学副学⻑を務めた吉⾥勝利⽒が⻑年にわたり研究してきた分⼦⽣命学の研究成果である「ヒト肝実細胞の免疫不全マウスによる増殖と肝臓組織の置換⽅法」をシーズとして提供され、「⽣命を科学することで⼈々の健康増進に貢献する」ことを理念と掲げて、ヒトの肝細胞を有する実験動物「PXBマウス」の世界的な普及に邁進してきました。
「PXBマウス」の有⽤性は、これらのヒトの肝臓の多くの機能をマウスの体内で保持していることと同時に、ヒト特異的な肝臓疾患のモデル動物(即ちヒト化動物)としての可能性を有していることです。
ヒト特異的な肝臓疾患であるウイルス肝炎のうち世界で数億⼈規模の感染者がいると報告され、メガファーマを中⼼に治療薬の開発が進められている抗C型及びB型肝炎ウイルス薬の薬効評価試験に「PXBマウス」を提供し、その有⽤性が⾼く評価されてきました。
また、ほぼすべての新薬が対象となる「薬物動態関連試験(DMPK)」「安全性試験(Tox)」分野での利用拡大や、新世代の医薬品として開発が拡大している「核酸医薬品」及び「抗体医薬品」のヒト特異的な評価での利用促進を行っています。
今後もより⼀層「PXBマウス」の有⽤性を世界規模で広め、21世紀の医療に貢献する企業を⽬指して邁進しています。

※核酸医薬品:DNAやRNAを使用した医薬品であり、DNAやRNA配列を認識し直接作用することで疾患に関するたんぱく質の合成を防ぎます。特異性が高いため副作用が出にくいといわれています。

設立年月日 2002年3月4日
資本金 2,245百万円 (2017年12月現在)
従業員数 42名
売上高 1,228百万円(2017年3月期)

採用情報

採用担当者からのメッセージ

動物好きで明るいメンバーが多く、社内は優しい雰囲気です。一緒に生命科学で社会に貢献しませんか。ご応募をお待ちしています。

募集職種 ①研究
②試験
③生産
職務内容 ①PXBマウスを用いた薬物動態・肝毒性に関する研究
②PXBマウスを用いた新規医薬品等の受託試験
③PXBマウスの飼育・繁殖
(上記の仕事を通して)身につく能力・スキル・知識など ①マウスを用いた実験(飼育・投与・採血・組織採取・細胞移植などの外科的手術)、細胞培養、遺伝子発現解析等。 国内外の大学や研究機関等との共同研究
②マウスを用いた実験(飼育・投与・採血・解剖)、サンプル採取、PCR、試薬調整等
③マウスの交配・出産確認、飼育、採血・測定、肝細胞調整、肝細胞採取、肝細胞移植等
勤務時間 9:00~17:30(実働7時間30分)
初任給 年俸制 学卒294万円、修士卒322万円
諸手当 通勤手当、時間外手当
昇給・賞与 昇給年1回 賞与は年俸に含む
休日・休暇 年間休日123日
週休2日制、土・日・祝日、年末年始休暇、夏季休暇、 年次有給休暇は入社日から付与(初年度10日)
福利厚生など 有給休暇の時間単位取得制度、出産・育児・介護休暇制度、慶弔見舞金、レクリエーション(花見、忘年会、ソフトボール大会等)
人財育成 学会発表および聴講の機会や、社内勉強会・外部講師を招いての講演会を行うなど、「分野のトップランナー」を目指す環境を整備しています。
外国人講師による英会話教室(週3回/費用補助あり)も自己啓発支援として開催しています。
社員の提案や発見から新しい事業の種を育てる取り組みも行っています。

応募と選考

応募資格 ①薬学系
②生物学または分子生物学
③農学、理学、畜産等(理系)
採用予定人数 若干名
求める人物像・選考基準 ・PXBマウスに魅力を感じ、これらを用いた医薬品開発に興味のある方
・DMPK/Tox分野でグローバルに活躍したい方
・分野のトップランナーを目指し、新しいものを生み出す意欲のある方
・真摯に実験に取り組み、スキルアップしたい方
・動物好きで、度胸のある方
応募方法 「お問い合わせ先」へ連絡のうえ応募書類を送付ください
選考プロセス 書類選考→面接(2回)・適性試験(マークシート方式)
提出書類 履歴書、研究内容がわかる資料、卒業見込証明書・成績証明書

問い合わせ先

所在地 株式会社フェニックスバイオ
〒739-0046 広島県東広島市鏡山三丁目4番1号
電話番号 082-431-0016
メールアドレス recruit@phoenixbio.co.jp
担当者 管理部総務・人事課 長谷川

紹介記事