活動レポート

東広島にある外資系企業!○○の国内シェアNo.1!!

2018_08_30 体験実習 ベバスト_66

この記事を書いたのは...

素材_4
広島大学 2年生
後田 梨緒

 サンルーフ、コンバーチブルシステムという言葉を聞いたことはありますか?サンルーフはイメージがしやすいかもしれませんね。コンバーチブルシステムはいわゆるオープンカーです。ちょっぴりラグジュアリーな自動車の屋根の開発・製造・販売を行っている外資系企業「べバストジャパン株式会社」さんにて、体験実習と取材を行ってきました。

ワタシが見つけたべバストジャパンの特徴

2018_08_30 体験実習 ベバスト_14

コンバーチブルシステムが搭載された自動車に試乗したときの写真です!

 「べバストジャパン株式会社」の名前を聞いたことがありますか?国内シェアNo.1!グローバルシェアNo.1!ですが、あまり耳馴染みのない企業名かもしれません。それは、企業(法人)を相手に事業や取引を行っているBtoB企業である(B=Business)からです。

 これまでは、メーカーに知られていれば商品は売れるのでそれで良かったが、就職希望者を増やすため、これからは消費者にも知られていきたいという想いを持たれています。

 そんなべバストジャパンさんは、外資系の企業です。皆さんは、外資系企業に対してどんなイメージを持っていますか?インターネットで検索してみても「怖そう」や「エリート集団で敷居が高そう」などのイメージが先行しているようです。実際に会社内や工場を見学させていただきましたが、外資系企業だからと前述したような印象はなく、恐れるようなことはないと思いました。

 社内を見学させていただく中で、べバストジャパンさんには特徴が二つあると感じました。

 一つ目は、本社と工場が同じ敷地内にあり、開発・試験・製造が同じ施設で行われていることです。各部署の連絡が容易なので、問題などをすぐに還元・解決することができます。これは大きなメリットだと感じました。営業や開発、購買、生産、これらの過程が本社のある国以外ですべて行われているのは珍しいそうです。これは、ドイツ本社の「現地のことは現地支社が一番よく知っている」という考えに基づいているそうです。

 二つ目は、工場で働く社員の管理がきちんとされていることです。各々のできる作業などが書きだしてあり、誰でも見ることのできる状態になっていることや、工場が一斉にお昼休みに入ることで全員揃った状態で作業に入れることなどが例に挙げられます。

 また、製造業では女性労働者はほとんどいないイメージがあったのですが、意外と女性の方も多く驚きました。お世話になった人事課の皆さんは女性がほとんどでした。有難うございました!

取材後記

 コンバーチブルシステムやサンルーフは自動車にとって必需品ではありません。べバストジャパンさんでは、運転者が運転そのものを楽しむことができるという「付加価値」を提供しています。私も実際に、これらの機能が搭載された車に乗ってみて、車に乗るのが楽しいと感じました。こんな企業が東広島に、広島大学の近くにあること、BtoB企業とはいえども、もっと知られてほしいと思いました。 (後田 梨緒)

企業/団体情報

企業/団体名 べバストジャパン株式会社
代表者 Bruce PIERCE(ブルース ピアス)
所在地 広島県東広島市田口研究団地5番10号
公式サイトURL https://www.webasto.com/jp/
求人サイトURL https://www.webasto.com/jp/%E3%83%99%E3%83%90%E3%82%B9%E3% 83%88%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E3%83%AA %E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88/why-webasto/

関連する記事