活動レポート

注目するのは人!~地域に根ざした活動を行う芸州観光~

2018_08_27芸州観光 体験実習_7

この記事を書いたのは...

素材_14
広島大学 1年生
植木 寛

 「地域と共に」を掲げて、東広島を拠点に活動する有限会社芸州観光。安心・安全で快適な乗車のためにバスの日常点検や、車内清掃は欠かしません。通常の業務以外にも、ボランティアへの車両提供など積極的に地域貢献をされていました。

ボランティア、学生との連携、イベント講師など多方面に活動の幅を広げる児玉社長!

2018_08_27芸州観光 体験実習_11

被災地ボランティア説明中の児玉さん。生き生きとしています!

 今回、取材させていただいたのは広島大学からすぐ近くの有限会社芸州観光の社長、児玉 塁(こだま るい)さんからお話を伺いました。会社では依頼を受けて人を送り届ける仕事と、宿やイベントの手配をしてツアーを企画する二種類の仕事があります。私はツアー企画の方に焦点を当てて取材を行いました。

 児玉さんは、災害被災地へボランティアに行く学生にバスを提供するなど、学生の活動も積極的に支援されています。そうした経験の中から、ボランティアは人を成長させるということを実感されました。その後の自社でのツアーにも、この実体験を取り入れられないかということで、場所ではなく人をクローズアップしたツアーを企画されているそうです。

 たとえば、「東京でカメラマンさんに撮り方を教わりながら街を歩く」というツアーです。ツアーは基本的に、魅力ある土地に行って、自然や建造物などを観光します。しかし、このツアーでメインとなるのは魅力ある人です。土地を目的にしないことによって、別の視点からその土地を見ることができ、新たな魅力の発見につながる。そんな狙いがこのツアーにはあります。

 他にも、土地の魅力を最も理解しているのはそこに住む人だという観点から、地元の方々に組んでもらうツアーを企画するなど多くの人と密接に関わっておられます。

 児玉さんは、東広島で多くの活動に関わることでより多くの人とのつながりが生まれて、だからこそ多くの人の魅力を見てきたそうです。人と多く関わるツアーを企画するのは児玉さん自身、ツアーの参加者に伝えたいことがあるからかもしれません。

取材後記

 児玉さんを中心に、社員の皆さんはどの方も気さくに話しておられ、居心地のいい雰囲気でした。ドライバーさんの中には、児玉さん以上の年齢の方もおり、コミュニケーションには注力しておられるそうです。話しやすい社内の雰囲気は、日頃のコミュニケーションから成り立っていると感じました。 (植木 寛)

企業/団体情報

企業/団体名 有限会社芸州観光
代表者 児玉 塁
所在地 広島県東広島市西条町田口451-9
公式サイトURL http://geishukanko.com/index.html
求人サイトURL http://geishukanko.com/recruit.html

関連する記事