人について

お仕事を通して育んだ価値観、それによって生まれたアドバイス

テーマ②写真 メイン

この記事を書いたのは...

体験実習 ネクストホーム_78 (1)
広島大学 3年生
高橋 みほ

 皆さんはバリバリ働いている方とお話ししたことはありますか?幼い頃から知っている人とは照れくさくて「仕事」というまじめなテーマは話しにくいかもしれません。今回は、働いている人と「仕事」について語ってきました。

第二の職場、ヒューマンズ・ユーミー

テーマ②写真 本文1

大好きなゲームの話で盛り上がる大串(おおぐし)さんと高下(こうげ)さんをぱしゃり!

 インタビュー内容に入る前にまずは協力してもらったお二人の紹介をしますね。

 まずは、藤原 恵(ふじわら めぐみ)さん。藤原さんはヒューマンズ・ユーミーの三次にある営業所で、就職したい人へのお仕事の紹介や簿記の講師をしています。

 もともとは銀行員として活躍しており、定年後講師としてヒューマンズ・ユーミーに再就職されました。藤原さんはインタビューした人の中で一番パワフルな方で、逆に私にインタビューしてこられるといった出来事もありました!

 次は、話し方も雰囲気もゆったりとした新本 利夫(しんもと としお)さんです。職業訓練に参加している生徒の就職相談、特にエントリーシートの書き方や面接の指導を行っています。

 新本さんも藤原さんと同様長い間、違うお仕事をされていて、定年後にヒューマンズ・ユーミーに再就職しました。前の会社で人事系のお仕事経験はなかったようですが社員教育に携わるお仕事をされていたので、就職支援の先生と採用する企業側という2つの視点から就活生へのアドバイスをもらいました!

派遣社員と正社員の違いって?

テーマ②写真 本文2

藤原さん、石見銀山にて

 藤原さんとのお話の中で、一番インパクトが大きかったのは「なぜ正社員にこだわるのか」という議論についてです。

 確かに就職活動をする際、私を含め多くの学生が必ずと言っていいほど「正規雇用」にこだわります。

 藤原さん自身も派遣紹介のお仕事をするまでは、派遣社員に対してあまりいい印象を持ってなかったようです。というのも派遣社員の場合、比較的時間の融通が利くというメリットがある一方、契約が終わって仕事がなくなったら…という将来への不安が出てくるからです。

 でも、派遣社員だけではなく、正社員にも同じようにいいところ悪いところがあることをちゃんと認識しておく必要があります。

 藤原さんにとって「正社員」の悪い点はずばり「NOと言えないことが増える」というところです。

 特に、言われた仕事をこなす日々が続くと自分自身のコントロールができなくなる。だからこそ、仕事以外でのストレス発散が必要で、その方法を学生の間に見つけておくべきだとおっしゃっていました。

 長年、お仕事を経験されている藤原さんに「学生にはどのようなことをしていてほしいか?」という質問を投げかけてみました。

 どのようなお仕事をするにしても人と関わることになるため、人とのつながりを築く練習も学生の間にやっておけ、との言葉をいただきました。

 また、お金がなくとも時間があるうちに工夫をして旅行をして知識を増やせとのアドバイスもいただきました。色々な人、土地を知ることで自分の知らない考え方に触れ、多様な角度から考えられるようになるからです。47都道府県すべて訪れた経験のある藤原さんだからこそできるアドバイスですね。

就活生が気になるあれこれ

テーマ②写真 本文3

初日の出は毎年見に行く新本さん

 新本 利夫(しんもと としお)さんとのインタビューでは、プライベートと仕事の境界のお話しを紹介します。

 多くの就職相談を持ちかけられる新本先生は、「時間と手間がかかってもできることはすべてやって生徒をサポートしたい」という信念を持っていますが、就職関係だけと自分の中で決めているそうです。

 というのも、職業訓練には多種多様な人が集まるため、家族やご近所との関係の相談も持ちかけられることしばしば…。みんなに平等にサポートするため、専門外のことは基本的に深入りしないよう気を付けているとのことでした。

 そして、新本さんから伝授していただいた自己PRの書き方を皆さんにも共有しようと思います。

 短所はいっぱい出てくるのに、長所が全然出てこない!そう悩んでいる皆さん、短所と長所って実は表裏一体なのです。

 たとえば、「与えられたことしかやってこなかった」という短所は「やらなきゃいけないことはしっかりこなすことができる」という長所の裏返しであり、「消極的」ということは「物事をしっかり考えることができる」ことなのです!

 自己PRに限らず就職試験だからといって、自分のことを大きく見せる必要はありません。

 企業側も新入社員を即戦力として採用してないため、専門的なスキルよりも素直さを重視していることが多いようです。面接でも言葉のキャッチボールができているのかを見ているため、テキストに載っているような普遍的な正解を求めておらず、自分の言葉でしっかり答えることが重要だとお話ししてくださいました。

 また、会社の情報収集は必須ですよ!

 新本さんのアドバイスは、ちょうど自己PRや志望動機を作成している私にとって非常に役立つ情報でした。すごいことをいうことが自己PRではなく、自分を表現することが大切なのですね。

取材後記

 今回は2人のインタビューの一部を紹介しましたが、他にインタビューした人からも仕事をするうえで作り上げられたそれぞれの価値観を聞くことができました。
 身近にいる社会人とはまた違った方にお話を聞くことができたという貴重な体験から学んだことを無駄にせず、自分の視野をもっと広げていけたらなと思います。 (高橋 みほ)

企業/団体情報

企業/団体名 有限会社ヒューマンズ・ユーミー
代表者 片山 貴志
所在地 広島県東広島市西条町西条東815溝手ビル
公式サイトURL http://humans-y.com/

関連する記事