竹村 祐哉さん

株式会社チェルシー

お客様の目的は何だろう?

chelsea-r01

取材してきました!

 今回は、企業やお店の販売促進活動を提案する、株式会社チェルシーの竹村 祐哉(たけむら ゆうや)さんにお話をお聞きしました。
 竹村さんは、明確な目標と意識を持ってお仕事に取り組んでおり、本当にこのお仕事に誇りを持って働いていることがひしひしと伝わってきました。私たちはその熱い思いに圧倒され、竹村さんのお話にどんどん引き込まれていきました。

私が取材しました!

img_reporter_160908_07

安田女子大学

3回生


三好 恭羽

img_reporter_160908_09

安田女子大学

3回生


武田 麻友子

最初は教員を目指していた

chelsea-r02

タブレットを使った流暢な説明はさすがでした…!

 まずは竹村さんに、株式会社チェルシーに入社した経緯についてお伺いしました。竹村さんはもともと教員志望で、教師の道を目指していたそうです。
 しかし、大学卒業後すぐには教員になれなかったため、他の仕事をしながら教員の道を目指していました。

 ある日、株式会社チェルシーで働いてみないか?と派遣会社から紹介をもらって、一年間だけの予定で働くことになりました。
 しかし、この一年間に販売促進の面白さや、やりがいを感じて「教員になるよりも自分のためになる。人間的にも成長できる。」と思い、そのまま現在まで働いているそうです。

 そんな株式会社チェルシーでは、どのような業務をおこなっているのでしょうか?
「広告代理業を行っています。チラシやポスティング、看板、名刺、Webサイト作成のお手伝いを行っています。他には販促イベント運営なども行っています。」

 幅広い分野の販売促進活動を行っていますが、全部の広告を作成できるほどの人数はいらっしゃらないようでした。「実際には、私たちはお客様と広告制作会社の間に入って仕事をしています。お客様の要望を形にするためのサポートをするような感じです。」

 直接、広告を出したいお客様から制作会社で取引をすることは可能ですが、チェルシーの幅広い知識と経験から、より目的に沿った効果的な広告やイベントを作れるそうです。

 「特殊なチラシを作りたいならば、ここの制作会社さん。イベントの際に力仕事が多ければ、男性の派遣が得意な派遣会社A社さん。女性のスタッフが欲しければ、派遣会社B社さん。など、予算や目的に合わせて最適な提案を心掛けています。」

 そのようなお客様の要望に対して、細かな調整をして独自の提案をしていくことが、お客様の心を掴むのではないかと思いました。

チェルシーは“朝ごはんが美味しい”会社です!

chelsea-r03

本当に楽しんでお仕事をしていらっしゃいました。

株式会社チェルシーはどんな会社ですか?と聞いてみると、面白い答えが返ってきました。

 「チェルシーは朝ごはんが美味しい会社です。本当に美味しい朝ごはんが出てくる訳ではなく、朝会社に行くことが嫌じゃないんです。色々やりたいこともあるので、ワクワクして会社に行きますね。」

 自分のやりたいことをするために会社に行く…、こんな風に思える会社に勤められたら本当に毎日が楽しく過ごせるのではないでしょうか?
 基本的には土日出勤(平日休み)だそうですが、それも苦にはならないそうです。「他の社員も、ワクワクして仕事に来ていると思います。」とおっしゃっていました。

 「また、頑張りをしっかりと認めてくれる会社でもあります。年齢や年数ではなく、結果で判断してくれるので、俄然“やってやろう”という気持ちになりますね。」

 このように、常に楽しんで全力でお仕事に取り組んでいる竹村さんですが、大変なこともあったそうです。

 「初めて大きなイベントを担当した時は大変でした。社長や先輩からの引き継ぎということもあって、プレッシャーが相当な物でした。結果、その時の売り上げにはつながりませんでしたが、自分の“色”をしっかりと出したことで次からは直接私を指名していただけるようになりました。」

 初めてのイベントにもかかわらず、自分の色をしっかりと出した竹村さんの全力で取り組む姿勢は、ぜひ見習うべきものだと思いました。

お客様から、色々な会社だと思われているのが面白いですね

chelsea-r04

個人で使用している仕事用ノートも見せていただきました!

 株式会社チェルシーがお客様に対して心掛けていることは、お客様の目的に対して何ができるかだと、お話ししてくれました。

 「お客さんが売り上げを上げたい、と一口に言っても問題は様々です。お客さんに多くご来店してもらう必要があるのか、お店に来たお客様に商品を買ってもらう必要があるのか。目的に対して、手段が変わってきます。」

 お客さんの状態に合わせて、何が必要なのかを見極め、今何をすべきなのかを提案するのがチェルシーの強みであり、信頼される秘訣なのだそうです。

 「もし、ウチを通してチラシを作るよりも、お客様に還元キャンペーンをした方が効果的ならば、正直にそう提案します。ウチの売り上げは減ってしまいますが、お客様の目的が達成されるならばその方がいいので。」

 自分たちの利益よりも、顧客の結果を求める姿勢だからこそ、お客様からの信頼が得られるのだろうと思いました。他にも、依頼が来たとしても満足する結果が出ないと判断すれば、断ることもあるそうです。

 そして最後に、学生へのメッセージをいただきました。

 「何事にも全力で取り組んで下さい。中途半端に数多くやるよりも、一つのことを全力で。あとは、いっぱい遊んでください。会社に入るとまとまった時間が取れにくくなったりするので、海外旅行などに行くのもいいんじゃないかな。」

 全力で日々の仕事に取り組んでいる竹村さんは、全力でやれば失敗しても次の道が見えてくるとおっしゃっていました。まさにそれを実践して、どんどんと前に進んでいる印象を竹村さんから強く感じました。

取材後記

 定期的な会社の飲み会では、社員全員が参加してとても盛り上がるようです。他にも、協力会社さんと合同でやったりと、本当に皆さん和気あいあいとお仕事やプライベートを過ごしていらっしゃる印象を受けました。
 また、竹村さんは社長さんのようになりたい、いつかは追い越したいとおっしゃっていました。このように身近に尊敬できる人がいる環境はとても素晴らしいなと思いました。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社チェルシー
代表者 中原 綾太
所在地 広島県広島市中区紙屋町1丁目1-13 4F
公式サイトURL http://chelsea-r.com/
求人サイトURL http://chelsea-r.com/recruit/

関連記事