小林 佑美さん

株式会社Share Clapping

あなたでよかったと言ってもらえるように、オリジナルの結婚式を<1>

marryaid01

取材してきました!

 ブライダルの企画・プロデュース、式場運営など結婚式に関わることすべてを取り扱っている株式会社Share Clapping(旧社名:株式会社かわの)。今回は、Marryaid(記事中はマリーエイドと表記)でウェディングプランナーをされている小林 佑美(こばやし ゆみ)さんさんにお話をお伺いしました。
 一見華やかに見えるウェディングの世界では、どんなやりがいや苦労があるのでしょうか?リアルなお仕事の話を聞かせていただきました。

私が取材しました!

img_reporter_160908_05

安田女子大学大学

3回生


井木 春花

img_reporter_160908_06

安田女子大学大学

3回生


住本 遥

プロフィールから知ることで、オリジナルの結婚式へ

marryaid02

私たちが質問する時、真っ直ぐにこちらを見てくださる小林さん。とても話しやすかったです!

 ウェディングプランナーとして、結婚式の進行決めや当日までの準備を手伝うお仕事をされている、小林 佑美(こばやし ゆみ)さん。

 式当日までの準備には、たとえば、招待状を誰に送るのか、どのようなデザインのものにするのか決めたり、カメラマンを決めたり、席次表(招待されたお客様が自分の席がどこかを知るための案内表)を作ったりすることなどが挙げられます。

 マリーエイドではご契約に至ってから最後の挙式、披露宴が終わるまで一人のスタッフが担当する、一担当制を採用していらっしゃいます。そのため、一般的には三か月ほどで終わる式の準備も、マリーエイドでは半年から一年くらいかけて、結婚式を新郎新婦様と一緒に作りあげていきます。

 「実はマリーエイドの打ち合わせの仕方ってプロフィールからお伺いしているんですね」と小林さんは教えてくださいました。

 お名前やご年齢、ご両親のことなどをお聞きして、新郎新婦様がどのような結婚式を作りたいのかをじっくりお聞きしています。まず、新郎新婦様を知ることから始めるのですから、半年から一年かかるのは当然のことなのでしょう。
 
 オリジナルの結婚式を新郎新婦様と共に作りあげている小林さんは、お仕事で大切にされていることがあります。それは、新郎新婦様に寄り添うプランニングをすることです。

 笑顔で接して、最初に感じる新郎新婦様の不安だなという気持ちを取り除かれていらっしゃいます。オリジナルの結婚式を作り上げるにあたって、様々なアイデアを提案することもあるそうです。
 時には、打ち合わせ時に新郎新婦様の意見が合わずに喧嘩になることもあります。その時は、お二人の間に小林さんが入って、お二人の意見をまとめ、提案までされるそうです。

 「実際にそこで、それいいですねって受け取ってもらってそれが形になるような結婚式をさせていただいています」と小林さん。
 こんな結婚式ができますよ、と言うだけがプランナーのお仕事ではないのですね。一組の結婚式を創り上げるためにそこまでするのかと驚きました。

「ついてこい」の一言に飛び込み、選んだこの会社

marryaid03

先輩スタッフに惹かれて入社した小林さん。小林さんもまた人を惹きつける魅力のある方です。

 もともとはスポーツインストラクターを目指されていた小林さん。どうしてウェディングプランナーというお仕事を選ばれたのでしょうか。

 就職活動の時、スポーツインストラクターの会社にも内定をもらっていた小林さん。選考を進めていくにあたって、小林さんにはある「軸」がありました。

 それは、「感謝の気持ちをもらえる仕事、ありがとうと言ってもらえる仕事に就きたい」というもの。ウェディング業界を選んだ理由も、最大限のありがとうをもらえる仕事だと思ったからでした。

 さらに、輝いているスタッフの方々の姿を見たときに、やりたいという気持ちが募ってきたそうです。そんな小林さんにとって株式会社Share Clappingを選ぶ決め手になったのは、その当時の先輩スタッフの存在でした。

 たった一言「ついてこい」とおっしゃる先輩スタッフに惚れ込み、内定をもらっていたスポーツインストラクターの会社を辞退して、この会社に就職されました。そして今はウェディングプランナーとして活躍していらっしゃいます。

 入社する前は、プランナーのお仕事をワクワクするような楽しそうな仕事、キラキラした仕事だと思っていた小林さん。実は、プランニングのお仕事以外にも色んなことをされています。
 たとえば、マリーエイドではブライダルグッズや引き出物、ジュエリーなどを販売されており、そのお仕事内容や商品知識なども覚えなければならず、色んなことをする職種だなと感じられたそうです。

 もともと目指していた職業ではない道を歩んでいらっしゃる小林さん。想像していたお仕事と違った部分もあれど、それでも今こうしてプランナーのお仕事を続けていらっしゃいます。
 笑顔に溢れ、目を見てしっかりと話を聞いてくださる小林さんには、きっとこのお仕事が合っているからなのでしょう。

(2へ続く)

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社Share Clapping
代表者 長谷部 弘之
所在地 広島県広島市中区三川町5-8
公式サイトURL http://www.marryaid.com/
求人サイトURL http://shr-bridal.com/recruit/

関連記事