久保 允彦さん

・ 大石 理恵さん

株式会社ニシキプリント

デザインという仕事のやりがいは、成果物を褒めていただき、喜んでもらうこと。

nishiki-p01

取材してきました!

 今回は、株式会社ニシキプリントという、チラシや会報などの印刷物やwebサイトのデザインなどを手がけられている会社を取材してきました!
 取材をお受けいただいたのは、web制作部門と、DTP部門に所属されているデザイナーの久保さんと大石さんです!

私が取材しました!

img_reporter_160908_05

安田女子大学大学

3回生


井木 春花

img_reporter_160908_03

安田女子大学大学

3回生


本光 優香

Web制作のやりがいと難しさを教えていただきました!

nishiki-p02

最初にお話を伺ったのはwebサイトのデザイナーをされている久保さん。気さくに色々なお話をしてくださいました!

 最初に、久保 允彦(くぼ みつひこ)さんにお話を伺いました。
 久保さんはもともとグラフィックの勉強をされていて、たまたまご縁があって株式会社ニシキプリントに入社されたそうです。

 現在はwebサイトを制作する部署でwebサイトのデザインを担当されています。
 Webサイトのデザインというお仕事は、デザインがすぐに決まるときはいいのですが、デザインがなかなか思い浮かばないときなどは大変苦労されるそうです。

 そういうときは様々なwebサイトを見て回ったり、同じ部署の先輩にアドバイスを求めるなどして乗り越えているのだとか。
 そうやって苦労してデザインしたwebサイトについて、お客様に満足していただくことがこの仕事のなによりのやりがいだということです。

 今は「webデザイナー」として働いていらっしゃいますが、将来的には「webディレクター」として、デザインだけでなくお客様との調整やwebサイト全体のディレクションにも関われるようになりたい、という目標を持っていらっしゃいます。

 そのためにまず今はデザインスキルを上げるために、目にとまる印刷物などを意識して観察することから始めているとお話ししていただきました。

 会社で働きつつ、日頃から自分を高めるための努力を惜しまない久保さんの姿勢を見習って、自分も自分を高める努力を続けていきたいと思います!

信頼され、通じ合い、心残りのないように

nishiki-p03

DTP部門の大石さんに、実際に制作されているチラシを見せていただきました。文字と文字の間をどれくらいあけるのか、フォントをどうするのかなど、デザイナーとしての仕事は多岐に渡ります。

 次にお話を伺った大石 理恵(おおいし りえ)さんは、先ほどの久保さんとは違い「DTP」という部門で、チラシや会報などの実際の印刷物を制作する現場で働いていらっしゃいます。

 大石さんはもともと雑誌を読むのが好きで、雑誌のデザインをするようなお仕事に憧れを抱いていたそうです。
 そんなときに株式会社ニシキプリントの存在を知り、入社を決めました。

 大石さんが所属する部署は印刷物などの実際に手に取ることのできるものを作る部署です。そのため、ご自身でデザインしたものを手に取る瞬間が一番やりがいを感じる瞬間だとお話いただきました。
 また、営業担当者を通じてお客様にご満足いただいたという話を聞いたときも、この仕事をしていてよかったと感じられるそうです。
 印刷物は一度印刷されてしまうと修正が難しいので、お客様からいただいた原稿の確認を念入りに行い、ミスを防ぐようにしているとお話いただきました。

 お話を聞く中で、DTPという部署でデザインのお仕事をされることは、webデザインとはまた違った難しさがあるのだと感じました。

 現在、大石さんは新商品開発プロジェクトのメンバーとしてお仕事されており、今後会社に利益をもたらせるような新商品を開発していきたい!という目標を教えていただきました。

 通常業務をこなしつつ、プロジェクトのメンバーとしての目標まで持っている大石さんの姿こそが、私の憧れです! 

学生のうちに時間をどう使うのか。それが確実に仕事につながってくる。

nishiki-p04

株式会社ニシキプリントで制作されている、荷物の配送票。普段からたくさんの荷物をやりとりするのですね…。

 そんな久保さんと大石さんのお二人に、就活を控えている学生に向けてメッセージをいただきました。

(久保さんより)
「自分が何をやりたいのか。その進路は早めに決めておけるのであれば決めたほうが良いと思います。早く決めればそれだけ早く動けるし、選択肢も広がるので。
 もし自分がなにをしたいのかわからないという場合は、周りの人に自分は何に向いているのかを聞いたり、興味のあるバイトをやってみたりすると良いと思います。
 もしデザインの仕事をしたいのであれば、IllustratorやIn Designなどのソフトは少しでも触っておいた方が良いかもしれませんね」

(大石さんより)
「デザインソフトに触っておいた方が良いのは確かにそう思いますね。あとは、学生で時間のあるうちに、やりたいことは全部やってみてもらいたいと思います。海外に行ってみたいなら、いまのうちに行っておく。言葉に出すだけでなく実際に行動することが大切だと思います」

 就職する前からデザインに携わりたいという目標を持っていらしたお二人ならではのアドバイスをいただきました!
 自分の強みを見つけるのはきっと簡単なことではありませんが、とりあえず自分が興味を持っていることから一つずつ始めてみようと思います!

取材後記

 今回はデザイン会社のデザイナーさんという、ある意味特殊技能を持ったお二人にお話をしていただきました。
 デザインはセンスやひらめきが求められる難しいお仕事であるというイメージの一方で、そうやって生み出したものがお客様に満足していただけるのは大きなやりがいになるのだろうなと思いました!

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社ニシキプリント
代表者 宮﨑 真
所在地 広島県広島市西区商工センター7丁目5番33号
公式サイトURL http://www.nishiki-p.co.jp/

関連記事