坂本 涼子さん

株式会社コンプリート・サークル

「楽しむ」ことで変わる世界

completecircle01

取材してきました!

 今回取材させていただいた株式会社コンプリート・サークルは、飲食事業以外にも多くの事業を手がけています。取材させていただいた坂本さんがいるカフェ「Central」は、皆さんも一度は見たことがあると思います。
 「食」に関するお仕事をされている方のやりがいや、普段から心がけていることなどのお話をお伺いしてきました。この記事をきっかけに、飲食店に対しての視野が広がればと思います。

私が取材しました!

img_reporter_160908_04

安田女子大学

3回生


笠井 理恵子

img_reporter_160908_08

安田女子大学

3回生


沖 美魅

違う価値観に出会ってわかること

completecircle02

今回、取材させていただいた坂本さん

 今回、株式会社コンプリート・サークルに取材をお願いして、飲食店でスタッフをされている坂本涼子さんにお話を伺いました。
 坂本さんは今年(2016年)4月に入社されて、同年10月で入社半年になります。学生時代のご経験で、今につながっていると思うことは何かあるのでしょうか。

 坂本さんは、今につながる経験を学生時代にいくつもされていたそうですが、その一つとして挙げられるのが、カンボジアでの勉強会です。

 坂本さんが大学3年生の時に、JICAの企画で他大学の方と一緒にカンボジアに行かれたそうです。そこでは、カンボジアの歴史を学んだり、お医者さんや教師、国連で働かれている日本人の方などに直接お話をお聞きしたりしたそうです。

 そういったプログラムを通して、価値観の違いや自分の今まで生活が甘かったと感じたそうです。カンボジアの方は生きるために仕事をしているのに対して、自分はアルバイトとはいえ遊ぶためのお金を得るために働いていて、「自分は甘かった」と思ったそうです。特に、現地の方と一緒に絹を作っている日本人の方のお話は刺激が強く、そういった経験が今に大きくつながっているとおっしゃいました。
 他にも、中学生の時からやっていた吹奏楽部で部長を務めた経験やOBの方々とのやりとりの経験も今につながっているそうです。

 坂本さんの学生時代のお話を聞いて、様々な経験をすることがこれからの自分につながったり役に立ったりするのだと分かりました。海外に行くことはなかなか難しいとは思いますが、普段の生活では経験できないところに飛び込んでみることも大切なのだと思います。
 私も自分の殻に籠ってしまうことが多いのですが、そうではなく、世の中の色んなものを見ていかなければと考えられるようになりました。

好きなことを仕事につなげていく

completecircle03

お話を聞いていく中で、今までは分からなかった「接客」のやりがいというものが見えてきたように思います。

 坂本さんは今年(2016年)の4月に入社され、最初はカフェに勤務し、その後、居酒屋に異動しました。取材をさせていただいた頃は、ちょうど坂本さんが異動されたばかりの頃でした。
 「今は大変な時期じゃないですか」とお伺いすると、「慣れたら楽しいですよ」とお答えいただきました。

 楽しんでお仕事をされているようですが、坂本さんにとって今のお仕事のやりがいは何なのでしょうか。その答えは「接客」でした。
 坂本さんは、お客様とお話ししたりすることが好きなのだそうです。そのため、お客様にちょっとでも「この店いいな」「また来たい」と思っていただけることがやりがいにつながっているそうです。

 では、なぜ坂本さんは「接客」が好きになったのでしょうか。きっかけは学生時代のアルバイトでした。学生時代にパン屋さんでアルバイトをされており、そこに来られるお客様と接するなかで「飲食店で接客がしたい」と強く感じたそうです。

 また、接客にこだわりを持っており、その中でも特に「笑顔」を絶やさないよう日頃から心がけていらっしゃるそうです。お客様の顔を見て接客をし、一つひとつ丁寧に、雑にならないように作業や接客をされています。
 雑にしてしまったせいでお客様にマイナスの印象を持たれるよりかは、少し時間や労力がかかっても丁寧にすることでプラスの印象を持っていただきたいというお考えだからです。
 「接客が好きだからそこでつなげたい」ともおっしゃっていました。

 今回このお話を聞いて「接客」の魅力が分かったように思います。私は時に人と上手く話せないときがあり、自分は接客は苦手だろうと少し思っていました。
 しかし、坂本さんのお話を聞いて、色々な方と接することは、嫌な部分だけではない…と思うことができました。苦手意識があるからと言って、やる前からやらない選択をするというのは避けないといけないと考えられるようになりました。

日々の経験を将来の目標につなげる

completecircle04

取材を通して「楽しむ」ことが大切だと分かってきました。

 坂本さんの未来の目標…特に、五年後といった近い将来で目標にしていることは何か、また、その目標を達成するために取り組んでいらっしゃることは何かを最後にお伺いしました。

 坂本さんの一番の夢は「自分のお店を持つ」ことだそうです。その夢の実現に向けて、まずは「早く店長になりたい」「お店をまわせるようになりたい」とおっしゃっていました。
 ご自身の夢に向けて経験を積んでいこうとされています。経験をしないと分からないこともたくさんありますよね。

 坂本さんは現在、居酒屋のスタッフとして働いていますが、その前はカフェのスタッフとしても働いていました。カフェと居酒屋ではアルバイトのまわし方などまったく違うため、その違いも勉強になっているそうです。
 他にも、様々な店長さんのお話を聞きながら勉強中だそうです。「色んなことを見て、経験して、聞いて。あとは自分がどう感じて動くか」ともおっしゃいました。そして、「笑顔」を忘れずに頑張っていらっしゃいます。

 最後に、就活生に向けてメッセージをいただきました。就活生には「苦しむより楽しんで」とのお言葉をいただきました。あれこれ悩みすぎずに「楽しいな」という気持ちで会社を受けたら、会社のイメージもまた違った風に捉えられるそうです。
 たくさんの企業の方とお話をする機会は学生の時しかないので、どんどんお話を聞いた方が良いし、そちらの方が楽しいとおっしゃいました。ご自身も、就職活動時に企業の方のお話を聞くのが楽しかったという経験があったからこそ言えることです。
 大切なのは、「とりあえず楽しむ」ことだそうです。

 自分の夢を叶えるために今経験を積むというお話を聞いて、はっきりした将来の目標があると、また違った働き方になるのだと分かりました。

 私自身にも、就職した先に実現したい夢に近い目標があります。働き出すとまた新たな目標もできるかもしれません。それらはきっと、働くうえで大きな原動力の一つなるのだろうと思います。
 だからこそ働き出してからも今の気持ちを忘れないでいたいです。

取材後記

 今回の取材で、自分の立てた目標を達成するには、日々の経験の積み重ねが大事なのだとあらためて思いました。
 また、自分の考えだけにとらわれず、自分とは違う価値観に触れることが大切だとも分かりました。自ら動くことや人の話をきちんと聞くことなど積極的な行動をとることが、自分の未来につながるのだと考えます。
 そして、何よりもどのようなことであっても「楽しむ」ことが大切だと、坂本さんのお話を聞いてあらためて思いました。

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社コンプリート・サークル
代表者 内田 優二
所在地 広島県広島市中区八丁堀13-15 八丁堀ビル 3F
公式サイトURL http://www.completecircle.co.jp/
求人サイトURL http://completecircle.matomail.jp/

関連記事