中島 優美さん

株式会社リシュラ リシュリシュ(Lisu Lisu)

大切なのは、お客様とのコミュニケーション
~お客様の思い出づくりのお手伝い~

lisulisu01

取材してきました!

 真心のこもった贈り物は、贈る人にとっても、贈られる人にとっても、大切な思い出として残ると思います。今回は、その贈り物から生まれる思い出を素敵に演出してくれる雑貨屋さんにお伺いし、そのスタッフの方にインタビューをさせていただきました。
 本当にかわいらしい雑貨ばかりを揃えたお店で、足を運ぶだけでも楽しめる、とっても素敵な雑貨屋さんでした!

私が取材しました!

img_reporter_160908_01

安田女子大学大学

3回生


奥村 倫代

img_reporter_160908_03

安田女子大学大学

3回生


本光 優香

img_reporter_160908_09

安田女子大学大学

3回生


武田 麻友子

会社のビジョン“グット・ストーリィ・コンシェルジュ”に感動!

lisulisu02

お店の中です。思わず「かわいい~!」と言いたくなる雑貨がいっぱいありました。

 今回、取材させていただいたのは、株式会社リシュラさんが運営している“贈りモノ雑貨店” 「リシュリシュ」さんです。こちらで販売しているのは、リシュラさんが自社で製作しているオリジナル雑貨と、作家さんの手作りのハンドメイド雑貨です。その店舗スタッフとして働かれている中島 優美さんにインタビューしました。

 中島さんは、大学卒業後の2016年4月にリシュラさんにご入社され、以来、リシュリシュさんのスタッフとして働かれています。「就職活動中に、友人からリシュラが新卒社員を募集していることを教えてもらいました。もともと、かわいらしい絵柄やデザインの雑貨が大好きで、その当時から雑貨屋さんで働きたいと思っていました」とおっしゃっていました。

 就職活動の時は他の雑貨屋さんについても、色々と調べられたそうですが、こちらで働きたいと思った理由は、「会社のビジョン“グット・ストーリィ・コンシェルジュ”という言葉に込められた思いに感動したからです」ということです。

 このビジョンには、お客様一人ひとりの思い出になる“グット・ストーリィ”をつくるお手伝いをしたいという思いが込められているそうです。確かに、贈り物のやりとりがあると、そのことが後々まで思い出に残るので、プレゼントの内容も、思い出づくりの上でとても大切なことだと思います。

 また、「リシュリシュのスタッフに求められるのは、お客様の思い出づくりのコンシェルジュになることです」とおっしゃっていました。そのため、ご来店されたお客様に必ずお声をかけ、プレゼントをどのようなシーンで、また、どのような方に贈られるのかということを伺い、お客様一人ひとりに満足していただけるような、お相手様にきっと喜んでいただける雑貨をご紹介されているそうです。

お客様とのコミュニケーションが勉強にもなる

lisulisu03

「他のスタッフが作成した日報の内容も、お客様におすすめの雑貨を考える際の参考になります」 お店のスタッフが作成する日報には、お客様が買われた雑貨について、そのご購入理由なども記入しているそうです。

 お仕事をされる上で大切にされていることをお伺いすると、「お客様とのコミュニケーションを何よりも大切にしています。それはお客様のお話が、そのお客様におすすめしたい雑貨を考える際の参考になるのはもちろん、スタッフの私たちにとって、すごく勉強にもなるからです」とおっしゃっていました。

 お客様のお話が参考になるとは、いったいどういうことなのでしょうか?

 たとえば、あるお客様から伺ったお話しがきっかけで、女の子のお子様のプレゼントをお探しのお客様がいらした場合は、おすすめのギフトの1つとして、ヘアゴムのセットをご紹介されるようになったそうです。

 そのお客様は、ヘアゴムと鏡を一緒に購入し、1歳の女の子にプレゼントされるとおっしゃっていたそうで、「その女の子の髪が伸びてきた時に使えるオシャレなヘアゴムと、そのヘアゴムを使った時のスタイルを見るための鏡の両方をプレゼントしようと思われたそうです。
 その贈り物の組み合わせは、お相手様が早速ヘアゴムを付け、プレゼントの鏡で見ながら喜んでいる場面が思い浮かび、とても勉強になりました」とおっしゃいました。

 また、「お店で扱っている雑貨一つひとつについて、しっかり理解することもすごく大切です。そうでないと、お客様一人ひとりに本当にふさわしい雑貨をご紹介できないからです」とおっしゃっていました。
 そのため、開店前にお店で扱っている雑貨を一つひとつチェックしていることもあるそうです。

 さらに、「お店で扱っている雑貨は、それをつくられたハンドメイド作家さんの作品でもあります。だから、雑貨一つひとつに込められた作家さんたちのこだわりや思いも、しっかり理解し、お客様に伝えられるように心がけています」ということです。
 なお、お店のスタッフブログでは、お店で扱っている雑貨だけではなく、その雑貨をつくった作家さんについてもご紹介されています。

 一つひとつの雑貨やそれを作った作家さんにも思いを寄せて、理解しようと努めること。お客様のグッド・スト―リィをつくるお手伝いをするために、そういった細やかな努力を惜しまない姿勢に感動しました。

丁寧かつ、スピーディーに仕事をこなせるようになりたい

lisulisu04

お店の雑貨一つひとつについてのコメントも、スタッフのみなさんが書いています!

 今後の目標について、「まだまだ、お店や、店長、先輩スタッフなど周囲の人たちに対して貢献できるような仕事ができていなので、まずは仕事の基礎をしっかりマスターしたいと思っています」と中島さん。

 その目標に向けての課題は、「お客様にお渡しする商品のラッピング、会計、レジ締めなども含めて、丁寧かつ、スピーディーに自分の仕事をこなし、スムーズな接客をすることです」とおっしゃっていました。

 さらに、店長さんや先輩スタッフの方々から学ばなければならないことがたくさんあると思われているそうです。
 たとえば、学生時代に広島の人気洋菓子店でアルバイトをしていたことから、「商品のラッピングはちゃんとできると思っていたのですが……。店長や先輩スタッフが、細かいところまで隙間なくラッピングしている様子を見て、本当にすごいと思いました。私のスキルは、まだまだだと感じましたね」とおっしゃっていました。

 そのエピソードを聞き、お客様の思い出づくりをお手伝いしたいという、リシュラさんの思いがすごく伝わってきました。
 中島さんのように、人気のあるお店でアルバイトされていた人が驚くほど丁寧なラッビングされているのは、お店の商品をお客様の大切な思い出を刻むものとして考えているからこそだと思いました。

取材後記

 中島さんのお話から、世の中のあるゆる商品一つひとつについて、その作る人、売る人、買う人、それぞれの思いがあり、その思いがすべて分かった時に初めて、その商品のお金ではない本当の価値が見えてくるじゃないかなと思いました。
 そのとても大切な気づきを与えてくれた中島さんに、大変感謝しています。ありがとうございました!
(取材/奥村倫代、文/五十川 正紘)

企業/団体情報

企業/団体名 株式会社リシュラ リシュリシュ(Lisu Lisu)
代表者 浜口 緑
所在地 広島県広島市西区商工センター2-7-23
公式サイトURL http://www.lisur.jp/wp/lisulisu/
求人サイトURL http://www.lisur.jp/company/recruit/index.html

関連記事